HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2016年12月アーカイブ

院長ブログ 2016年12月アーカイブ

お久しぶりです。

こんにちは。院長の岡村です。

当院にマイクロ(顕微鏡)が来て、約3か月になろうとしています。今まで見えなかった細かい部位などが見えるようになり、より確実な診療が行えるようになりました。しかし、まだ慣れてないため、診療に時間がかかってしまい、皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。来年は、早く確実な診療を目指して頑張ります。

さて、話は変わりますが、当院は、より診療を確実に行えるように、パートも含めスタッフを大募集しています。歯科衛生士、器具の洗浄や掃除等を行っていただける方、大募集です。興味のある方は、クリニックまでご連絡をお願いします。

年末のため、急な痛み、脱離などの急な対応もできる限り行っていきますので、クリニックまで電話ください。


リッジプリザベーション

院長の岡村です。
昨日は左下7のインプラント埋入オペを行いました。
リッジプリザベーション後3ヶ月でのインプラント埋入です。

3ヶ月前に左下7の自発痛を主訴に来院された患者さんです。...
レントゲンを撮影すると根尖部の骨は慢性の根尖性歯周炎により広範囲に吸収され抜歯せざるを得ない状況でした。
実際、抜歯窩から遠心の骨吸収部位は不良肉芽がひどく掻爬に時間がかかりました。

抜歯後は感染による骨吸収もあわせてかなりの骨吸収が予測されます。抜歯後6〜12カ月で頬舌的に5〜7ミリ、垂直的に2〜4.5ミリの吸収が起こると言われています。
このような場合はリッジプリザベーションを行い骨吸収を最小限に抑えます。

15338627_1267115060025488_6675642251715950630_n.jpg

15390760_1267220783348249_7817381853683121777_n.jpg

15420804_1267252043345123_2441631733430446678_n.jpg 15390772_1267115596692101_5415484538284151661_n.jpg


« 2016年10月 | メインページ | アーカイブ | 2017年1月 »

このページのトップへ