月別 アーカイブ

衛生士募集 今月のキャンペーン サンフラワーだより サンフラワークラブ サンフラワーキッズクラブ
医院のご案内 サンフラワーデンタルクリニック

〒860-0845
熊本市上通町7-8メイフラワービル 2F(リーバイスさん上)
TEL 096-223-8241 
平日   9:00~19:00
土曜   9:00~17:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日

詳しい地図を見る
QRコード

HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 入れ歯(義歯)の最近のブログ記事

スタッフブログ 入れ歯(義歯)の最近のブログ記事

他人に気づかれにくい入れ歯にすることはできますか?

今回は入れ歯についてお伝えしようと思いますshine

入れ歯と言えばこのようなものを想像される方は多いと思いますcoldsweats01

ireba.gif※形は様々です。イラストは一例です。

金属がチラッと見える入れ歯は嫌だなぁ。。。downと抵抗を感じる方もいるかと思いますsweat01

ですが、自由診療で入れ歯をお作りすると・・・

スマイルデンチャー症例.jpg

金属部分を歯茎に似たピンク色で作ることができますよっshine

こちらですと部分入れ歯を入れていますと、強い主張にはなりませんよね

どこに部分入れ歯が入っているのかわかりますか?

今まで保険診療で作った部分入れ歯を使っていてこちら

作り変える方も多いのですが

・軽くて締め付ける感じがあまりしない

・今までの部分入れ歯よりもなじみやすい

・違和感をあまり感じない

・人前でも口元を気にせず笑える ・・・etc

などなど、大変嬉しいお言葉をたくさん頂いておりますheart

美しさと付け心地を追求した新世代の部分入れ歯ですsign03

部分入れ歯でお悩みのアナタも一度ご来院くださいnotes

お待ちしておりますflair


歯を抜いた後ってどうなるの?

皆さん、歯を抜いたことってありますか?

うちに、初めて来院される方には問診で必ず伺ってます。

答えはほとんどの方が『イエス』です。

イエスの方のほとんどが親知らずの抜歯をされた方ですが・・・。

それ以外で歯を抜くと言う場合

1.治療が不可能なひどいむし歯

2.治療が不可能なひどい歯周病

3.矯正治療などの便宜抜歯

4.その他(事故や腫瘍や・・・)

大体こんな感じでしょうか・・・

1歯を抜いたあとは、当然そのままでいいわけはありません。

その部位を補う必要があります。

方法としては

1.義歯(入れ歯

2.ブリッジ

3.インプラント

があります。

それぞれメリット・デメリットがあります。

1.年齢

2.部位

3.歯周組織(歯肉・骨など)の状態

4.隣の歯の状態

などで適応はかわってきます。

もし、そのまま放置すると大変なことになります。

相対する歯が

①挺出したり(歯が伸びてきます)

②傾斜したりします。

まだいろいろありますが・・・。

そうなると、補綴を行うときの障害になります。

どのような障害かといいますと・・・

①は歯が伸びてきたおかげでクラウン(補綴)十分な高さがとれません。高さをとるためには、たとえ健康な歯であっても削る必要がでてきます。削る量が多い場合には、神経の治療まで必要になってきます。そうなると時間もコストもかかるし、なんといっても他の歯や組織に負担がかかってきます。

 ②矯正で傾斜した歯を整直(部分的な矯正)し、スペースを確保して補綴します。矯正をしない場合、本来の大きさとは異なったその部分にあわせた形態の補綴をすることになります。形態最適な形ではないため一般的な補綴をいれたときより予後が悪くなる可能性高いです。

歯を抜いた後は、なるべくその後の対策を行うのが一番です。

・・・さまざまな検査を行って、患者さんに一番適した方法を提示するのが私たち歯科医の役目です。

患者さんの10年後・20年後の未来を見据えて行う治療。

それがサンフラワーデンタルクリニックの治療だと思っています。

なぜ、入ればをすすめられたのか・・・

なぜ、ブリッジをすすめられたのか・・・

なぜ、インプラントそすすめられたのか・・・

あなたは考えたことがありますか?

私たちは常にあなたに一番の最適な治療を提供することを考えて治療をおこなっています。

                      

                      熊本市上通りの歯科 

口臭治療・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・ブライダルデンタルエステ・歯周病治療・予防

白く美しく健康的な口元を手にいれたいあなたに

 

サンフラワーデンタルクリニック

 

 

 


« 保険外症例 | メインページ | アーカイブ | 勉強会 »

このページのトップへ