月別 アーカイブ

衛生士募集 今月のキャンペーン サンフラワーだより サンフラワークラブ サンフラワーキッズクラブ
医院のご案内 サンフラワーデンタルクリニック

〒860-0845
熊本市上通町7-8メイフラワービル 2F(リーバイスさん上)
TEL 096-223-8241 
平日   9:00~19:00
土曜   9:00~17:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日

詳しい地図を見る
QRコード

HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2017年2月アーカイブ

スタッフブログ 2017年2月アーカイブ

仕事終わりに...(*´з`)♪

こんにちは!

 先日、仕事終わりにお肉を食べに連れて行って頂きました~☆彡

場所は以前もお食事会で行ったことのある、孫三郎です。

今回は焼き牡蠣のフェアをやってるとのことで、そちらも頂きました♪

途中、牡蠣が焼けてくる際のポンッという音にキャーキャー言いながらも

美味しく頂きました~☆★

真剣に牡蠣を焼く院長。。。

牡蠣と院長.jpg

どれも美味しくて仕事の疲れも吹っ飛びました♪

 

しばらくして、影絵にはまった私達。。(お店のライトで)

向日葵ちゃんは立派な白鳥。。

私は唯一出来る、犬にて応戦。。。

それを見てつっこむ井上スタッフ。。。

  ひーちゃんと.jpg

最後はちゃっかりしめのデザートまで頼んだ私達でした。。。♡

いちごけーき.jpg

院長、ゆかり先生、ありがとうございました!!

 

受付高橋でした。

 


バレンタイン2017

毎年恒例の行事となっております。

院長へのバレンタインheartheartheart

今年はスタッフから日頃の感謝の気持ちをこめて(?)

一人ずつメッセージを書きましたhappy01

院長室の扉にペタペタ...

1487079000414.jpg

お昼休みから帰ってきた院長に気づいてもらえるように

プチサプライズhappy02

そして今年はhappy socksの靴下2つ(バレンタイン限定柄)

とチョコにビールを贈りました💛

1487085235131.jpg

院長これからもよろしくお願いします!

 スタッフ一同

歯科衛生士 戸上


マタニティ歯科

こんにちは(^_-)-☆

 

 

今日はマタニティー歯科についてお話します(^_-)-☆heart04

 赤ちゃんができた方heart02おめでとうございます(^○^)

大切な大切な赤ちゃんのために今できること★をお伝えします。

 

妊娠するとエストロゲン.プロゲストロン(女性ホルモン)が増加などにより

歯周病になりやすくなります😢sweat01

歯周病により早産や低体重児の可能性を増加させます。

エぷ.jpg

左が妊娠性歯肉炎、右が妊娠性エプリースです。

歯茎は赤く腫れています😢

yjimageN2XRNVSX.jpg

こちらが健康な歯茎(o^―^o)

歯茎が引き締まりとてもきれいなピンク色です❤

見るべきところは、歯はもちろんですが歯茎の状態も見てみましょう。

妊娠期は、唾液のネバネバ感が高まるため口腔内の自浄性が低下しプラーク増加につながります。

またつわりもはじまり免疫力がおちるうえに、つわりにより少しずつ食べ物を

食べ続けたり、歯磨きがしにくくなったりすることで

お口の環境は悪化しやすくなります。

そのため妊娠中には、普段以上にお口のケアに注意することが必要です。

妊娠中の歯科治療についてconfident

妊娠中期(5~8カ月)安定期に入ります。

体に問題なければ一度検診を受けましょう。

※つわりで歯磨きができない方

歯磨きのタイミングは、食後だけと決めつけずに体調がいいときに

時間をかけてあげましょう(^_-)-☆

つわりなどでどうしても磨けない時は必ずうがいをしてください。

お口の環境が悪いと体調もすぐれませんよ(´・ω・`)

生まれてくる赤ちゃんを虫歯から守るために

お母さん!!!!!!!!のお口もケアが大切です。

もともと赤ちゃんのお口に歯菌はいません。ではなぜお子さんにむし歯ができるのか?

それは、お母さんや身近な大人から虫歯菌がうつってしまうからです。

食事のときに同じスプーンやコップを共有したりキスをしたりすることで感染していきます。

お母さんや、大人がきちんと治療、予防に努め、大切なお子様を虫歯から守りましょう。(^_-)-☆

 

heart01ゆかり先生

heart01矯正の迫口先生

鹿児島のお土産ありがとうございました☆彡

余談です(笑)

最近電動歯ブラシを使用されている患者様をみて

私もソニッケアという電動歯ブラシが欲しくて欲しくてたまらないです(笑)

歯のつるつる感がこれまた違うそうで!!!!!(゚д゚)!

1度学生時代したんですがそんな記憶はもう、、、

あと、80代の患者様は月1回歯ブラシを変えていたみたいで

ほとんどの歯が残っている状態でした(^O^)

もちろんとても歯磨きもお上手でした(o^―^o)

いつまでも健康な歯でいれるように日々の口腔ケアに力を入れてみてくださいheart01

やっててよかったって絶対思える日が来ます(^O^)

歯科衛生士 井上

 


2月になりました!

立春が過ぎ、昼間はぽかぽか陽気の日もあり少しだけ春が近づいているような気がします。

恵方巻に、年の数だけの豆を食べ、今年こそは風邪をひかないようにと願った星原です。

さて、もう2月ですが、1月もスタッフミーティングがあり、そのあとの楽しい美味しい食事会に娘たちと一緒に参加しましたheart02

場所は籠町通りにある


ですup

何度か連れていっていただいてますが、飽きのこない「熟成肉の炭焼ステーキ」
1486287062288-320x239.jpg

ジューシーなソーセージ
1486287053455-320x239.jpg

大人も子供も大好きheart01カルボナーラ
1486287069133-320x426.jpg

迫力満点!パエリア
1486287076553-320x426.jpg

最後はデザートまでいただいて、大満足でした✨

私の娘、Mは、院内旅行のハウステンボスで牡蠣の味を覚え、パエリアでムール貝の味を知ってしまったため、我が家の財布を守るべく、スーパーでは貝類の陳列棚を見せないように頑張っています!


1486287132727-320x180.jpg

そんなことも露知らず、流行りのsnowでひまわりちゃんとドラキュラになって喜んでました
coldsweats01

流行っているといえば!インフルエンザが猛威をふるっていますね。寒暖の差が激しく、体調管理が難しいですが、皆様お気をつけくださいませ。

受付助手 星原




審美修復・ジルコニアセラミッククラウン

こんにちは。

副院長の岡村です。

インフルエンザが流行っていますが、皆さんは大丈夫でしょうか?

口腔衛生状態が良いとインフルエンザを含む感染症にかかりにくくなります。

逆にハミガキをきちんと行わず、口腔衛生状態が悪い場合かかりやすくなります。

起床直後に歯磨きをすることは

インフルエンザを含む感染症予防につながることを

ご存知ですか?

fullmoonこれをクリックすると、インフルエンザ予防と歯みがきの関係がわかりますhappy02

        (神奈川県歯科医師会HPより)

インフルエンザウイルスの表面には突起があり、それが邪魔となって細胞内に入ることができないのです。しかしその突起を切ってしまうのが、「プロテアーゼ」と呼ばれる口の中の酵素です。
歯磨きをいつもきちんと行い、口の中の細菌を減らしてきれいにしておくことで、プロテアーゼの量も減らすことができます。

起床直後ってお口の中気持ち悪いですよね?

その原因は寝ているときに細菌が増加しているからですwobbly

食後に気持ち悪さが気にならなくなりますが・・・

実はソレ食事中に食塊が口腔内の細菌をからめとり

そのまま一緒に飲みこむからですsad

ものすごい数の細菌を飲みこんでいるのです!

口臭治療の師匠である本田俊一先生によると

『朝起きた時の唾液は1ccに入っている菌は大便(ウンチ)10gと同じだけの量存在する』

そうです。

これでも、歯磨きなしで朝食を食べることができますかcoldsweats02


ムシバ・歯周病予防のためにも、

健康のためにも

起床直後のハミガキを頑張ってくださいね~good

できれば、歯磨剤を使用せず歯がツルツル・気持ち悪さがなくなるまで歯の表裏・歯と歯の間をまんべんなく歯磨きをしてください。
もちろんフロスも使ってくださいね!
気持ち悪さが残っている場合は
細菌が残ってますwobbly


さて前置きが長くなりましたが、

ジルコニアセラミッククラウンで修復された患者さんの写真です。

前歯を破折しCR修復したものの

審美的に気になるとのことで来院された患者さん

以前はCR:コンポジットレジンといわれるプラスティックの材料で修復されていらっしゃいました。

BEFORE/AFTERをご覧くださいhappy01

マツムラ ヒロミチ170202(40).jpg

              初診時

マツムラ ヒロミチ170202(0).jpg

     修復後(ホワイトニング後修復を行いました)


前歯2本を修復しただけですが印象がずいぶんと変わります!

歯の審美的な問題でお悩みの方にお勧めいたします。

(写真掲載について患者さんの了承を得ております)









 


« 2017年1月 | メインページ | アーカイブ | 2017年3月 »

このページのトップへ